まつ毛フサフサで男もイチコロ!

医療現場から出来たまつ毛育毛剤の新商品

緑内障の治療のために医療現場で使われていた目薬にまつ毛を伸ばす効果がある事がわかり、新商品のまつ毛育毛剤として発売されています。
元々は緑内障の眼圧を下げる為の医療用の目薬として患者に処方されていたものですが、処方された人の中にまつ毛が伸びるという副作用が出てきたのです。
調べてみるとこの薬に含まれるビマプロストという成分がまつ毛の毛周期を長くする作用がある事がわかりました。
毛周期が長くなるとなかなか抜けなくなるので、長く密集しああまつ毛になるのです。
またメラニン色素の生成を助ける働きもあるので、より濃くしっかりとした毛が生えてくるようになります。
その為医療用の目薬をまぶたに塗っている人もいたのですが、目薬を製造していた会社から新商品としてまつ毛用育毛剤として発売されました。
新商品はアメリカの厚生労働省にあたるFDAからも効果と安全性が認められています。
他のまつ毛美容液と違い、医薬品なので効果が高いのが特徴です。
元々目薬だったため、つける時に目に入ったとしても害がなく安心して使用できるというメリットがあります。
使用中充血したり痒みを感じることもありますが、一時的なものですぐに治まります。
臨床実験では使用した80%の人に毛の長さや濃さが改善したという効果が出ています。
使用開始後4週間目くらいから効果を実感する人が増え、16週間後にはほとんどの人が変化を感じるようになります。
アメリカで発売されているものですが、日本人もまつ毛エクステをつけたり目の化粧に力を入れる人が多いので、使用者が増えています。
外国人に比べて目が小さく毛も短くまばらな人が多いため、よりつけた時に効果を実感するケースが多く見られます。