まつ毛フサフサで男もイチコロ!

まつ毛エクステの危険性

まつ毛は、ほこりが角膜や結膜に当たるのを防ぐ役割を持っています。
まつ毛の毛根のあたりには知覚神経が集まっており、ほこりが触れると角膜や結膜に当たる前に感じ取って、自然と瞼を閉じる仕組みになっています。
まつ毛のまわりのまぶたの組織は、体中で一番うすい皮下組織であるため、とても素早く動くことが出来ます。
また、うすいため、虫刺されで大きくはれ上がりやすいのも特徴です。
まつ毛は一日数本しか抜けず、抜けた毛はほとんどが外に出て行ったり、手やハンカチについて落ちていきます。
まれに目の中に入ることがありますが、ほとんどが涙とともに鼻に流れ込んでいきます。
ときたま下まぶたに入り込んだり、涙の出口に入り込んだりして異物感を感じることがあります。
そのようなまつ毛を長く多く見せるため人気なのがまつ毛エクステです。
すっぴんでも目がぱっちりしたように見えると若い女性や男性にも人気のまつ毛エクステですが危険性もあります。
エクステの名の通り、もともとある自分の毛に、人工の毛を一本一本つけていき、長く多く見せるのですが、そのとき使用する接着剤が、まつ毛が抜けた時に目に入り、角膜を傷つけたり充血を引き起こすことがあります。
また接着剤は店によって様々ですので、体質が合わないとアレルギーを起こす可能性もあります。
また、エクステという負荷を与えることで毛が抜けやすくなったり、切れやすくなったりします。
人によってはエクステをしたせいで、かえってごっそり抜けおちてしまうことがあります。
こういった危険を回避するためには、施術を行う店選びが重要です。
値段の安さに惹かれても、目の健康が第一ですので、確かな技術がある店なのかしっかり説明を求めたり、口コミを参考にして選びましょう。