まつ毛フサフサで男もイチコロ!

簡単にまつ毛が伸びる薬

近年はまつ毛エクステンションなどまつ毛に対する美容意識はますます高まってきています。
まつ毛エクステンションも高価で費用がかかり、なおかつ安全面での問題も出てきています。
一方、美容皮膚科では、まつ毛が伸びる塗る薬が出されることがあります。この薬はルミガンという名前の薬です。
ルミガンは目薬の容器に入っている薬です。というのも、ルミガンは元々、眼科で眼圧を下げる緑内障治療薬の目薬として臨床応用されているものです。
この薬を綿棒の先につけ、それをまつ毛の根元に塗布していきます。
そうすると、1~2ヶ月後にはまつ毛が伸びて、なおかつ太くなっているのです。
このようにまつ毛が長く太くなるのは、ルミガンの有効成分であるビマプロストに毛包を刺激して、毛周期の成長を促進し、メラニン色素の生成を活性化する働きがあるからです。
ただ注意いしたいのは、使用を中止すると元どおりに戻ってしまうことです。
ルミガン使用時に長く太くなった毛が元どおりに戻るわけではありませんが、その毛が抜けて新しい毛が生えてくると元のまつ毛が生えてきます。
ですからずっと長いままにしておきたい場合にはずっと使用を続ける必要があります。
また、前述の通りルミガンを使用するとメラニン色素の生成が活性化されるので、副作用として目のまわりに色素沈着を起こしてしまう可能性があります。
ですからこのルミガンを問題なく使用するには使用のコツがあります。
ルミガンを使用するのは入浴の30分~1時間前に行うようにしましょう。
そして目から垂れた目薬は必ずふき取るようにしましょう。
そしてルミガンを塗布した後お風呂に入るのですが、その際にしっかり目のまわりを洗うようにしましょう。
↓まつげ育毛はじめませんか?
ケアプロストの美容効果について